Programming Serendipity

プログラミングを中心に種々雑多に書き留めます

ゲーム開発中のgit pushを高速化する

この記事はさいたまげーむす Advent Calendar 2016 21日目の記事です。

ゲーム開発ではテクスチャ・サウンドをはじめとしていろいろと重いデータを扱います。これらをgitで扱うと長いpush時間に悩まされることがあります。これを解決しましょう。

コマンドラインから(tortoisegitなどGUIクライアントを使用している場合、リポジトリ(フォルダー)を右クリックしてgit bash hereを選択するなど何らかの手段でgit bashを出し)、次のコマンドを入力してください。

git config http.postBuffer 524288000

または、.gitconfig

[http]
    postBuffer = 524288000

を追加しても同じです。

これは、push中のバッファサイズを変更するもので、500*1024*1024=500MBに拡張しています。デフォルトは1MBなので、これで大幅な高速化が期待できます。

ちなみに、指定できる最大数は2GB - 1(2147483647)。ゲーム開発だとこれでもちょっと不安な時があるのですが…。16GBあたりまで指定できないものだろうか。

もちろん、指定したサイズのメモリをpush中に消費するので、この値はPCに搭載されているメモリの量と相談して決める必要があります。まあ500MBくらいは余っているので平気でしょう。